大阪府でおすすめのリノベーション会社7選!のメインロゴ
リノベーションナビ OSAKA /大阪
大阪府でおすすめのリノベーション会社7選!のメインロゴ

マンションのリノベーションのデメリットとは?

公開日:2024/01/15 最終更新日:2023/12/27

マンションのリノベーションは快適な生活空間を手に入れるための一大プロジェクト。しかし、注意が必要なポイントも多く存在します。リノベーションにおいてできることやできないこと、そしてそれに伴うリスクや制約について詳しく解説します。理想の住まいを手に入れるためには、これらのデメリットを把握して計画を進めましょう。

マンションのリノベーションのデメリット

早速、マンションのリノベーションのデメリットを見ていきましょう。

希望のリノベーションができるかどうかが不透明

マンションのリノベーションを進める際、物件が決まる前にリノベーションができるかどうかが不透明です。物件が決まるまで具体的な計画を立てにくく、リノベーションの希望が実現できるかどうかの確認が難しい点が課題です。

物件選定前のリノベーションの見極め

物件が決まる前に、リノベーションが実現可能かどうかを確認することが重要です。物件の特性や制約を理解し、計画を進める上での柔軟性を考慮することが求められます。

物件とリノベーション、諸経費の総額予算の難しさ

物件価格やリノベーション費用、諸経費などをすべて考えることは難しく、全体の予算コントロールが課題です。とくに中古物件の場合、希望のリノベーション内容を予算内で実現する難しさがあります。

総合的な予算の検討

物件価格、リノベーション費用、諸経費などを総合的に検討し、理想の住まいを手に入れるためには、慎重な計画が必要です。見積もりや予算の透明性を確保し、余裕をもった計画を心掛けましょう。

古い物件になる可能性

希望するエリアや予算によっては、築40年や50年といった古い物件になる可能性があります。これにより、建物の構造上の制約やリノベーションにおける追加コストが発生する可能性が高まります。

古い物件のリスク

古い物件を選ぶ際には、アスベストの除去などの追加工事が必要になる可能性があります。これらのリスクを十分に理解し、追加コストを考慮した予算設定が必要です。

リフォーム一体型ローンのスケジュール調整が難しい

リフォーム一体型住宅ローンを利用する場合、物件購入前にリノベーションの見積もりや図面を取得し、スケジュールを調整する必要があります。これにより、物件購入手続きとローンの借入手続き、リノベーション工事の進行を順調に進めることが難しくなります。

スケジュールの調整

リフォーム一体型ローンを利用する際には、物件購入前に必要な手続きや資料の用意をスピーディーに進めることが求められます。これによって、全体のスケジュールを調整しやすくなります。

リノベーションのデメリットの対処法

マンションのリノベーションのデメリットに対処するためには、ワンストップリノベーションと呼ばれるサービスを活用することが有益です。このサービスでは、リノベーションに詳しい担当者が物件探しから計画の立案、予算のコントロールまでサポートしてくれます。

ワンストップリノベーションを利用することで、物件のリノベーション可能性の確認や計画の透明性、スケジュールの調整が容易になります。また、リノベーション会社や設計事務所、リノベーション済みマンションの販売会社が提供するサービスがありますので、物件探しを始める前に相談してみることが重要です。

ただし、ワンストップリノベーションも全ての問題を解決するわけではなく、デメリットも存在します。その詳細については別の記事で解説していますので、ユーザーはその点も考慮しながらサービスの利用を検討することが重要です。

マンションのリノベーションはどこまでできる?

最後にマンションのリノベーションの制約について把握しておきましょう。

マンションの構造的な制約

マンションの専有部と共用部の区別が重要であり、とくに共用部にはリノベーションが難しい箇所が多く存在します。例えば、建物の構造部分や通気口、配管類などがこれに該当します。これらの場所は所有者が自由に変更することが難しく、注意が必要です。

「共用部」への影響

共用部に属する箇所のリノベーションは慎重に行わなければなりません。具体的な例として、給水管や排水管の移設や、壊れたパイプスペースの修理が難しいことが挙げられます。

マンションごとのルールによる制約

マンションには管理規約や細則が存在し、これによって床材や使用できる素材に制約が生まれます。床のフローリングが禁止されている場合や、遮音性能の基準が指定されている場合があります。

遮音性能の重要性

リノベーションでの床材選びにおいて、遮音性能は重要なポイントです。管理規約に適合した素材を選ぶことが必要であり、これによって生活の快適性が向上します。

建物の構造上の制約

パイプスペースや排気ルート、床のコンクリートの窪みなど、建物の構造がリノベーションに制約を与えることがあります。水回り設備の位置を変更できない場合や、壁を壊すことが難しい場合が挙げられます。

事前の確認の重要性

リノベーション計画を立てる前に、建物の構造を確認し、希望の変更が可能かどうかを検討することが不可欠です。これによって後々の問題を回避できます。

まとめ

マンションのリノベーションは、快適な生活空間を手に入れる大きなプロジェクトです。ただし、注意が必要なポイントがいくつかあります。例えば、リノベーションができるかどうかが物件が決まる前まで不透明であり、予算の難しさや中古物件の場合の制約も検討すべき課題です。

ワンストップリノベーションサービスを利用することでサポートが期待できますが、全ての問題を解決するわけではありません。また、マンションの構造的な観点から共用部でのリノベーションが難しいことや、管理規約や素材制約、遮音性能の基準にも留意が必要です。建物構造上の制約もあり、計画前の慎重な確認が不可欠です。

その他のリノベーション会社一覧

グランリビング
会社名Grand Living (グランリビング)
住所(大阪本社)〒583-0881大阪府羽曳野市島泉9丁目23番4号
電話番号06-6151-5622(9:00~18:00)
クジラ株式会社
会社名クジラ株式会社
住所大阪府大阪市北区中崎2-5-18 中野ビル1F
電話番号06-6375-7720
インテリックス空間設計
社名株式会社インテリックス
住所東京都渋谷区渋谷2-12-19 東建インターナショナルビル11F
TEL0120-99-1307
(リノベーションマンションの物件リクエスト)
フリーアート・コーポレーション
会社名株式会社フリーアート・コーポレーション
住所〒579-8055 大阪府東大阪市末広町24-11
電話番号072-987-4600
アンメゾンワールド
会社名アンメゾンワールド株式会社
住所〒540-0012 大阪府大阪市中央区谷町2-5-4 エフベースラドルフ
電話番号06-6947-1717
住友不動産
会社名住友不動産株式会社
住所大阪府大阪市福島区福島5-1-7 住友不動産西梅田ビル5F(戸建・大阪北エリア)
電話番号06-6448-7194(戸建・大阪北エリア)
デンプラスエッグ
会社名株式会社 デン・プラスエッグ
住所兵庫県西宮市南昭和町1-19
電話番号0798-61-3887
イズホーム
会社名株式会社イズ
住所大阪府堺市中区深井沢町3135番地(堺本社)
電話番号0120-129984(イズホームグループ総合窓口)
アレジ
会社名ALLAGI株式会社
住所大阪府大阪市北区梅田1丁目8-17 大阪第一生命ビルディング1F
電話番号06-6147-8540
アートリフォーム
会社名株式会社アートリフォーム
住所大阪府吹田市千里万博公園6番3号 3F
電話番号0120-87-6700
next
会社名next
住所大阪府大阪市北区梅田1丁目8-17
大阪第一生命ビルディング1F(next梅田店)
電話番号06-6147-8542

こだわり別!大阪府のリノベーション会社おすすめ3選