大阪府でおすすめのリノベーション会社7選!のメインロゴ
リノベーションナビ OSAKA /大阪
大阪府でおすすめのリノベーション会社7選!のメインロゴ

リノベーション物件を選ぶ際に押さえておきたいポイント!

公開日:2022/11/02

リノベーション物件という言葉を聞いたことがありますか?住宅の購入を考えている方なら、耳にしたことが多いのではないでしょうか?聞いたことはあるけれど、詳しくはどんな物件なのか知らない方もいるかと思います。今回は、リノベーション物件とはどんな物件か、どんなメリットがあるのかなどについてご紹介します。

リノベーション物件とは

リノベーション物件とは何か、リフォームとの違いなどを解説します。

リノベーション物件とは何か?

リノベーション物件は、中古物件に大規模の工事をして、住宅の性能や付加価値を高め住みやすく改修した物件のことです。

中古物件をそのままにしていては売れないので、最新のデザインに変更したり、断熱性能、耐震性能といった安全面を高めたり、間取りを変更したりして購入希望者をつのります。部分リノベーションは、一部の改修を行うこと、フルリノベーションは骨組み以外全体を改修することを指します。

リフォームとの違い

リノベーションとリフォームとの違いは何なのでしょうか?リフォームは、老朽化したところを新しい状態まで戻すことです。マイナスだったところを改修し、ゼロの状態に戻すといった意味合いがあります。例えば、汚れた壁紙を貼りかえる。古いユニットバスを新しいものに変更するなどです。

リノベーション・・現状よりプラスアルファな状態にする。よりよい住まいにつくりかえる

リフォーム・・老朽化などでマイナスだったところをゼロの状態に戻す

リノベーション物件のメリット

リノベーション物件のメリットとはどのようなものなのでしょうか?具体的に解説します。

新築より安くて、中身は新しい

新築の物件を購入する場合と、中古の物件を購入してリノベーションする場合だと、リノベーション物件の方が費用は低いことが多いです。

また、新築の物件でよいところが見つからなくても、中古物件だと見つかる場合もあるので、希望のエリアで新築の物件が見つからない場合でも選択肢が広がる可能性も。また、リノベーション済みの物件を購入する場合も、新築の物件より安価な値段でよい条件の物件が手に入ります。

高いデザイン性と機能性を持たせることが可能

新築の物件は、分譲住宅やマンションは完成済みの物件を購入するのが基本です。そのため、完成されたデザインや間取りなので、自分の気に入ったものを探すのはなかなか大変。

中古住宅を購入後、リノベーションすれば、間取りも自分の好きなものに変更でき、壁紙やキッチン設備などもこだわりに応じて変更することができます。

古い物件のよさも味わえる

古民家に住んでみたいという場合も、リノベーションすることで快適な住まいに住むことが可能です。古民家はそのままでは、暮らすのに不便な部分がたくさん。そこで部分的にリノベーションし、古民家の気に入った部分は残すことで、古民家の古きよき部分と、リノベーションで使いやすく新しくなった部分の両方を楽しむことができます。

資産価値を高める

建物が老朽化すると、資産価値は下がっていきます。リノベーションを行うことで、破損や老朽化などを防ぎ、資産価値を高めることが可能です。

築年数が古くなると、水回り中心に家が老朽化してきますが、リノベーションの際に配管なども好感して新しくしておけば、老朽化のトラブルが少なくなるでしょう。

リノベーション物件のデメリット

リノベーション物件のデメリットはあるのでしょうか?具体例を解説します。

新しい耐震基準を満たしていない物件がある

古い物件でも、中が新しいのがリノベーション物件の魅力です。しかし、中がきれいでも、築年数が古い物件の場合、耐震基準が古い物件の可能性があります。耐震基準が古いと、地震が来た際に命を守ることができるか安全に直結します。

また、リノベーションする際に、耐震対策をプラスするとなると、安い物件を買ったつもりでも思ったより高くつくことも。中古物件を購入する際は、築年数をチェックし、納得の上で購入しましょう。

ローンに注意が必要

中古物件の購入は住宅ローンですが、リノベーション費用はリフォームローン扱いになり、金利が異なります。

リノベーション物件を選ぶときのポイント

リノベーション物件を選ぶコツについて解説します。

物件の現状を確認すること

中古物件なので、激しい劣化がないかを確認しておきましょう。ドアやふすまが問題なく開閉できるか、床にきしみや傾きがないか、防音性があるか、天井や壁にシミやかびがないかなどです。また、シロアリの被害がないよう、シロアリ対策、防腐処理がされているかもおさえておくべきポイントです。

リノベーションできない部分を確認すること

マンションであれば、共用部をしっかりチェックしましょう。部屋の中はきれいでも、マンションの環境が悪ければ住みにくさに直結します。共用部は汚れていたり、物がごちゃごちゃ置かれていたりしないかどうかなど、管理が行き届いているかどうかを確認しておきましょう。

間取り、使い勝手がよいかを確認すること

間取り図では確認できないことを内見でチェックしましょう。第一印象や、におい、日当たり、コンセントの場所などです。第一印象で気になるところは、快適に生活できるかできないかに大きく関わるので、改善できるのか確認するとよいでしょう。

周囲の環境を確認すること

中古物件は、新築物件よりアクセスのよいところを選べる可能性があるのが魅力です。駅や会社までのアクセス、スーパーや病院、保育園や学校などの環境面を調べておきましょう。また、周囲の環境を確認するのは、昼間、夜、曜日など時間帯や曜日を変えて確認するのがおすすめです。

まとめ

リノベーション物件は、新築物件にくらべてリーズナブルに購入できるところが魅力です。物件の購入費用を安くできるぶん、アクセスのよいところに住むのか、リノベーションにお金をかけるのか、貯金にまわすのかは人それぞれです。

中古物件を購入し、リノベーションをする場合は家を新しくつくりかえる楽しみを味わうことができます。資産価値を高め、家族の住みやすい家をつくることができるリノベーション物件、住宅購入の選択肢に加えてみてはいかがでしょうか。

その他のリノベーション会社一覧

グランリビング
会社名Grand Living (グランリビング)
住所(大阪本社)〒583-0881大阪府羽曳野市島泉9丁目23番4号
電話番号06-6151-5622(9:00~18:00)
クジラ株式会社
会社名クジラ株式会社
住所大阪府大阪市北区中崎2-5-18 中野ビル1F
電話番号06-6375-7720
インテリックス空間設計
社名株式会社インテリックス
住所東京都渋谷区渋谷2-12-19 東建インターナショナルビル11F
TEL0120-99-1307
(リノベーションマンションの物件リクエスト)
フリーアート・コーポレーション
会社名株式会社フリーアート・コーポレーション
住所〒579-8055 大阪府東大阪市末広町24-11
電話番号072-987-4600
アンメゾンワールド
会社名アンメゾンワールド株式会社
住所〒540-0012 大阪府大阪市中央区谷町2-5-4 エフベースラドルフ
電話番号06-6947-1717
住友不動産
会社名住友不動産株式会社
住所大阪府大阪市福島区福島5-1-7 住友不動産西梅田ビル5F(戸建・大阪北エリア)
電話番号06-6448-7194(戸建・大阪北エリア)
デンプラスエッグ
会社名株式会社 デン・プラスエッグ
住所兵庫県西宮市南昭和町1-19
電話番号0798-61-3887
イズホーム
会社名株式会社イズ
住所大阪府堺市中区深井沢町3135番地(堺本社)
電話番号0120-129984(イズホームグループ総合窓口)
アレジ
会社名ALLAGI株式会社
住所大阪府大阪市北区梅田1丁目8-17 大阪第一生命ビルディング1F
電話番号06-6147-8540
アートリフォーム
会社名株式会社アートリフォーム
住所大阪府吹田市千里万博公園6番3号 3F
電話番号0120-87-6700
next
会社名next
住所大阪府大阪市北区梅田1丁目8-17
大阪第一生命ビルディング1F(next梅田店)
電話番号06-6147-8542

こだわり別!大阪府のリノベーション会社おすすめ3選